塞ぎ込んでいる時こそさっとできるお掃除を

鬱々として何もしたくないしできない

 

「無性に無気力」

 

「何にも気分がのらない」

 

「このままずっと寝てしまいたい」

 

「憂鬱すぎて何もしたくない」

 

「あれもこれもやらなくちゃ、でもできない」

 

「呼吸をするのもおっくう」

 
 

こんな時ありますよね。

 

しかも定期的にこの「うつうつの波」が押し寄せてきます。

 

何もしたくない、そしてすごくつらいですよね。

 

本当はシャキシャキとルーティーンをこなしたり、趣味に没頭したりしたいのに……

 

でも、心も体も疲れ切ってしまって何もできない。

 

こんな時は寝てしまうのが一番ラクですが、そうもいかない時の方が多いので、その対処法をこれから紹介していきます。

 
 

マインドフルネスにお掃除しましょう

 

さて、「マインドフルネスにお掃除」とはどういうことでしょう。

 

マインドフルネスには何度か触れてきていますが、直訳すると

 

「ただ目の前のことに集中する状態」

 

です。

 

そう、集中してひとつひとつのお掃除の作業を丁寧にする事が、「マインドフルネスお掃除」となります。

 

いつものお掃除の時よりも、意識してやってみてはいかがでしょうか。

 

意識してお掃除をしてみると、お掃除後の爽快感や、達成感が断然違うと思いますよ。

 

ただ「鬱々としている時」なので、パッとできて、パッとキレイになる場所のお掃除がベターでしょう。

 

長時間のお掃除はオススメはしませんが、時に気分がのってくることもあるのかと思います。

 

そういった場合は、その気持ちを大切にどんどんお掃除をしてみてください。

 
 

お掃除する場所のオススメ

 

お手洗い

 

一番手応えを感じられる場所かと思います。

 

いつもお世話になる場所であり、お金の神様がいると言われているお手洗い。

 

また、お手洗いをお掃除すると美人になるという言い伝えもありますよね。

 

信じる信じないは別として、リビングなどと違い、狭い空間なので丁寧にサッとお掃除できる場所です。

 
 

自分の部屋の床(またはカーペットなど)

 

床にはよく髪が落ちています。

 

また、ホコリもフワフワ溜まっていきます。

 

毎日雑巾掛けや、ワイパーなどで拭いていてもすぐにホコリは降ってきますよね。

 

今朝掃除機かけたけど、コロコロで細かいゴミを取ったけど……

 

ここはあえて今一度お掃除してみます。

 

丁寧にサッとがポイントです。

 

自分の空間なので細やかな変化にも敏感に気づく事でしょう。

 

換気も忘れずにすればリフレッシュ間違いなしです。

 
 

デスクまわり

 

仕事中や、自宅で仕事をしている人にオススメです。

 

結構ホコリも溜まりやすいし、散らかりやすいんですよね。

 

まとめて整理しているつもりでも、側から見たら「〇〇ってどこにあるの?」という状態。

 

丁寧にサッと。

 

細かいものは整理整頓をして、仕事モードもリフレッシュしましょう。

 
 

心もピカピカにリフレッシュ

 

私がいつもやっている「鬱々として何もしたくないしできない」時のリフレッシュ法でした。

 

結構お掃除前は腰も気持ちも重いのですが、「よしっ!」とひとつ声に出し、取り組んでみてもらいたいです。

 

普段お掃除をしても、キレイになったお部屋はとても気持ちがいいですよね。

 

しかし、こういう時に少しだけ、そしてサッと丁寧にマインドフルネスにお掃除すると格別なんです。

 

「うつうつが吹き飛ぶ達成感」

 

「うつうつがスッキリする爽快感」

 

「心のプチリフレッシュ」

 

まさに心もピカピカです。

 

最後に、私の言う「サッと丁寧に」は、「時間をかければいいと言うことではない」と言うことです。

 

丁寧に拭いたり、丁寧に作業をすれば、逆に時間がかからないということです。

 

急いで雑に床を拭いてみたとしたら、「あ!あそこ汚れが少し残っている」なんて事ありますよね。

 

丁寧にすることにより、そういったロスが少なくなるのです。

 

「鬱々として何もしたくないしできない」時こそ、マインドフルネスにお掃除を試してみてはいかがでしょうか?