自分を大切にすることと美容整形について

 

ヴァニラさんといえば全身カスタム(全身整形)で有名なタレントさんですよね。

 

そんな彼女の整形に対しての思いを知っていますか?

 

ヴァニラさんは、容姿について「ブス」だといじめを受けていたそうです。

 

容姿でいじめられるなんてつらすぎますよね。

 

容姿は自分で選べないのですから。

 

いじめる側の性格の悪さも感じますが……

 

しかもヴァニラさんは、父親からも「ブス」とののしられていたそうです。

 

親にまでそんなひどいことを言われるなんて、今やモラハラですよね。

 

本人にしかわからないすごくつらい思いから、整形をするという選択肢を選んだそうです。

 
 

埋没法がすごく痛かった18年前

 

日本では整形手術について賛否両論ありますよね。

 

私はがぜん、整形賛成派です。

 

なぜならば自分も「プチ」ではありますが、目まわりを整形しています。

 

いわゆる「アイプチ」を何年もしていて、「面倒臭い!もう!」とある日思い立ちました。

 

美容整形外科にかたっぱしから電話をかけ、「今日埋没法を施してくれるところ」を探し当てました。

 

そして、地方のあまり知名度はない美容整形外科クリニックが受け入れてくれることに。

 

※これから埋没法を検討の人へ、美容整形外科クリニックは慎重に選んでくださいね。

 

いざ手術、ほんの数十分で終わりましたが術後、まぶたが激痛で鎮痛剤を飲んでさっさと寝ました。

 

そしてまぶたは2週間は腫れて、なお私の場合「寄り目」になってしまい、それが嫌でのちに「目頭切開」まですることに

 

とりあえずコンプレックスがひとつなくなった私は、当時大きな達成感に包まれました。

 
 

生まれ変わったら自分を好きになれる

 

今のヴァニラさん、いきいきしていると思いませんか?

 

過去のヴァニラさんを知っているわけではありませんが……

 

現在の彼女をみていると「整形をして本当によかった」、「自分がとても大切」という気持ちが伝わってきます。

 

話し方や、雰囲気も品があって私は「素敵な女性だな」と思っています。

 

彼女は整形手術を「カスタム」と言っていますが、まさにその通りだと私は思います。

 

中には「親からもらった体に傷をつけてけしからん」なんて思う人もいるかもしれません。

 

しかし、本人が痛い思いをして、大金を使ってキレイになっているのだからいいじゃないですか。

 

容姿の悩みは女性ならではですし。

 

それに整形を悩んでいても、なかなか行動できない人も多いかと思います。

 

金銭面や、まわりの目が怖いという不安があるからでしょう。

 

「何かを変える」、「何かを始める」ということは、怖かったり、とても勇気がいることだったりします。

 

ヴァニラさんはそういった気持ちよりも、自分の信念を貫く気持ちの方が大きかったんですよね。

 

そして、「カスタム」することによって、理想の自分にどんどん近づいていって、たくさんのポジティブな感情が生まれていると思います。

 

つまり以前よりも、もっと自分を好きになれる、もっと自分を大切に思えるようになるのです。

 
 

以前よりもっと自分を大切に感じられる

 

以前よりもっと自分を大切に感じられるって、とても素晴らしいことですよね。

 

私は、過去の自分をリセットするという意味で、美容整形はいいことだと思います。

 

何も行動を起こさないでつらいままでいるよりも、何かを変えることでそのつらさを克服できる方がいいに決まってますよね。

 

そして過去よりも、行動できた自分を大切に感じられるようになるでしょう。

 

大嫌いだった自分を少しだけ好きになれる。

 

もしくは嫌いだった自分を好きになれる。

 

自分を好きになる工夫や、努力はとても素敵なことです。

 

自分を好きでないと、自分を大切にすることは難しいですから。

 

あなたは嫌いな人を大切にできますか?

 

もし大切にできても、心の底からはできないと思います。

 

以前より自分を好きになるということは、以前よりも自分を大切にできる理由のひとつとなるのです。