辛すぎる!女性特有の月経前の悩み【PMS・PMDD】

生理痛が辛い女性

私ってPMS(月経前症候群)なのかな?

月経の悩みを抱える女性は、とても多いのではないでしょうか。

PMS(月経前症候群)の人には、特にゆううつな月イチ行事ですよね。

月経前は気分の浮き沈みが激しかったり、頭痛、腹痛、腰痛や吐き気。

さまざまな体の不調をきたします。

私はそんな症状から、「自分はPMSだ」と思い、PMSにいいと言われるサプリメント

を試してみたり、婦人科で低容量ピルを処方してもらっていました。

しかし、症状は一向に良くなりませんでした。

低容量ピルは体に合わなかったようで、種類を変えて飲んでみましたが不正出血をしてしまったため、ドクターストップ。

そして、医師は最終手段の薬の説明を受けました。

「月経を止める薬」というものを最終的に処方してもらったのですが……

月経を止める薬を飲んだら憂鬱感が強くなった

婦人科では「月経を止める薬」というものを最終的に処方してもらいました。

「さすがにこれで楽になるだろう」と期待していた矢先……

ものすごく強い「うつ」の波に飲み込まれてしまったのです。

こんなにうつうつとしていたらなにもできない……

「これはまずい」と思い、婦人科の医師に相談するも薬のせいではないとのこと。

そして、もうなす術はないので、心療内科に行ってくださいと言われたのでした。

そっか……婦人科では私のPMSは治らないのか……

と愕然として、心療内科へ向かいました。

この時私はPMSではなく、もっと深刻なPMDD(月経前不快気分障害)なのではと感じ始めていました。

心療内科ではPMDD(月経前不快気分障害)の疑いが高いと

心療内科の医師に、婦人科での流れを一通り医師に伝えると、「うん、PMDDかもしれないね」とのこと。

そして、症状が出そうな期間になったらこの薬を飲んでみてくださいと、2種類の薬を処方されました。

私の主な症状は、排卵日から月経にかけてイライラしやすくなることが一番辛いです。

あとは食欲が増すこと、頭痛、腹痛、腰痛、眠気という症状がでます。

もう全ての症状がわずらわしいですが、一番厄介なのは「眠気」。

眠気ざましのコーヒーを飲んでも眠くて眠くて、眠気との戦いです。

そこにプラス安定剤を飲むなんて、眠気しかありません。

日中起きていられないのでは?

そんな不安を感じつつも、とにかく心療内科の医師の処方を試してみることにしました。

現在も月経周期に合わせて薬を飲んでいます

現在も安定剤を月経周期に合わせて飲んでいますが、以前と比べるととても月経前の毎日がすごしやすいです。

もう、快適。

眠気や、頭痛、腹痛など体の不調はありますが、感情的な不調はなくなり、本当に楽になりました。

こういった私のような症状の人も、そして安定剤を飲んでいる人も、現在はそこまでめずらしくないはないようです。

心療内科へ行くのに、ためらいがある人もいるかもしれません。

もし、私みたいな症状で苦しんでいる人がいたら、勇気を振り絞って医師に相談してみてはいかがでしょうか?

きっと劇的に楽になると思いますよ。