美意識?!髪を切る女性の心理はズバリ心の断捨離!

セミロングの女性

髪を切るきっかけは?

「失恋したから」

「イメージチェンジのため」

「ストレス発散のため」

「今の髪型に飽きてしまった」

などと巷では言われています。

あなたはどちらに当てはまりますか?

おそらくどれにも当てはまるのではないでしょうか。

なぜならば、「気持ちの切り替え」のために髪を切ると私は考えているからです。

失恋したら、早く元彼のことを忘れて、新しい恋をしたいと思うでしょう。

もしくは人生のひと区切りとして考えたり……

イメージチェンジも「飽き」や「ストレス」からくる「気持ちの切り替え」という欲求でしょう。

また、「傷んでしまったから仕方なく切る」ということもあるかと思います。

それは自分の中で「傷んだ髪を切って、もっとキレイになりたい」という「気持ちの切り替え」なのではないでしょうか。

髪を切るのは「心の断捨離」になる

髪を切って、気持ちを切り替えるのは手っ取り早い方法だと思います。

見た目を変えるとは、少しだけ勇気のいることです。

その反面、新しい自分に出会えるワクワク感もあります。

髪を切るということは、「心の断捨離」とも言えるのではないでしょうか。

髪を切った後は、頭も、気持ちも軽くなりますよね。

そういった意味でやはり「心の断捨離」となります。

時代の価値観は変わっていく

昔から、「髪は女の命」と言われています。

また、男性が好きな女性のタイプで「髪がロングでサラサラ」なんていう意見もありますよね。

しかし、時代は変わってきました。

ボーイッシュなショートカットが好みという男性も増えました。

普段着も和服から洋服へ、アナログからデジタルへと、さまざまなところで進化しています。

着物は日本の伝統ですから、すたれるものではありませんが。

現在「黒電話」を使用している家庭はないのではありませんか?

時代はどんどん便利な方向に進んでいきますよね。

現代は女性の髪型も「ロングヘア」にこだわらなくてもいい時代だと思います。

潜在意識と心の断捨離

身だしなみ=イメージですよね。

いわゆるイメチェンも、「気持ちの切り替え」をしたくて、「形から入る」わけですよね。

しかし、イメチェンをする人も、潜在意識(無意識)で「気持ちの切り替え」をしたいから形から入るのだと私は考えます。

そう考えるとイメチェンも「心の断捨離」と言えるのではないでしょうか。

髪の長さをあまり変えたくない人は、毛先を揃えるだけとか、少しレイヤーを入れてみるとかでも良さそうですね。

これらを例に、「心の断捨離」をうまくやっていきたいものですね。