心の疲れたキャバ嬢専用リラクゼーションメソッド

 

ひどく酔っ払っているお客様は接客しづらい。

 

時折心ない言葉を浴びせられてつらい。

 

毎晩苦手なお酒を飲まなければならない。

 

他のキャバ嬢との争いに疲れている。

 

キャバ生活を抜け出したい、でもなかなかそうもいかない。

 

メイクをするのも出勤するのも気が重い日がある。

 

今日は騒ぎたい気分じゃない……。

 
 
 
 

そんなキャバ嬢のあなた、毎晩本当にお疲れ様です。

 

キャバクラの世界を知らない人からは「華やかな世界で働いていていいな」、「酒飲んで話すだけの楽な仕事でうらやましい」など言われ、正直うんざりしますよね。

 

しかし、実際のところキャバクラで働くのは体力も使うし、頭脳戦ですし、心もすり減るお仕事なのではないでしょうか。

 

あなたは「生活のため」、「お金のため」、「生きていくため」にやむを得ず働いていますよね。

 

毎日頭はフル回転。

 

体はもちろんのこと、ココロも脳もクタクタに疲れ果てているでしょう。

 

中には「小悪魔」や「魔性の女」、「美魔女」などと呼ばれる、まさにキャバ嬢に根本的な性格からむいている人もいます。

 

最近「あざとい」なんて言葉もありますが、根っからマジメなあなたは「あざとく」生きていけず「どうせ私なんて……」と自分を卑下していませんか?

 

あざとくなくていいんです、あなたらしくでいいんです。

 

本当に大切なのはあなたの心が健康であるかどうか。

 

心の健康を壊してしまったら本末転倒です。

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で成り立っていて、仕事など緊張状態の時は「交感神経」が働くと言われています。

 

また、夜寝る時などリラックスしている状態の時は、「副交感神経」が優位に働くと言われています。

 

神経が緊張しっぱなしだと心と体のバランスが崩れてしまいがちです。

 

なのでリラクゼーションを、マメに休養をとって自分を癒してあげませんか?

 

これから「たった2分で気持ちが安らぐ方法」、手軽にできるリラクゼーションをご紹介していきます。

 

毎日少しでもあなたの心が休まりますように。

 
 

たった2分で気持ちが安らぐ方法

いつでもどこでもできるマインドフルネス瞑想

 

マインドフルネス瞑想とは、ストレス現代にはもう定着しつつあるリラクゼーション方法のひとつですね。

 

また、マインドフルネス瞑想は、目的や瞑想方法が何種類かあります。

 

なので、今回のリラクゼーションでは瞑想初心者でも気軽にでき、ストレスの軽減を目的とする「呼吸瞑想」という方法をご紹介します。

 

瞑想する時間は2分からでOK。

 

まず呼吸瞑想のやり方の基本です。

 

1.椅子に浅めに座り、両手は手のひらを自然に上にむけ、体全体の力を抜きます。

 

2.背筋を伸ばして、胸をひらき姿勢を正します。胸を開くと深い呼吸がしやすくなります。

 

3.目は軽くとじ、呼吸は自然に「鼻からすって鼻からはく」をくりかえします。

 

4.そして呼吸に意識を向けていきます。

 

鼻から吸って鼻からはく感覚に集中してもいいですし、息を吸った時のお腹の膨らみ、息をはいた時のお腹のがへこんでいく感覚に集中します。

 
 

瞑想ポイント 「雑念」は誰しも湧き上がってくるもの。

 

その「雑念」は「気づいて」、そして「手放して」また瞑想に集中すればいいだけです。

 

呼吸瞑想は慣れてきたら5分、10分とやってみてください。

 

無理でなければ、30分やってもらっても大丈夫です。

 

また、呼吸瞑想は、いつおこなってもOK。

 

私は特に手軽でどこでもできる「呼吸瞑想」が大好きです。

 

人混みや待ち時間などで、気持ちに余裕がもてない時などよくおこなってリラックスしています。

 

たとえ2分間の「呼吸瞑想」でも、リラクゼーション効果を充分得られ、イライラした気持ちなどスーッと消えていくのです。

お風呂での贅沢マインドフルネス

お風呂では、瞑想ではなくお風呂に入るにあたって、「ひとつひとつのことを丁寧に感じて」みてください。

 

髪を洗う時はゆっくりと、頭皮を軽くマッサージしてその心地よさを感じます。

 

シャワーでしっかりと洗い流すと、頭がとてもサッパリします。

 

体を洗う時は、たっぷりの泡を使いやさしくていねいに洗い流し、シャワーのあたたかさ、心地よさをたっぷりと感じます。

 

湯船に浸りバスタブの中のあたたかなお湯を感じ、少しずつポカポカしていく自分の体を感じ、その心地よさをゆったりと感じていきます。

 

「ひとつひとつのことを丁寧に感じる」ことにより、自分を大切に感じることができ、リラックスもできるのです。

 

寝る前のひとつのリラックスする儀式として取り入れてみてはいかがでしょうか?

心を徹底的にリラクゼーションする

 

自分を大切にすることに欠かせないリラクゼーション。

 

心が疲れているキャバ嬢のあなたに、こまめにリラクゼーションしてもらいたい。

 

なぜこのような紹介をしたかというと、過去にキャバクラで働いてきた私が日頃から取り入れていて、高い効果を感じているリラクゼーション方法だからです。

 

また、「呼吸瞑想」をする時には、「リラクゼーションをする」ということを意識してみてください。

 

リラクゼーションをするときには徹底的にリラクゼーションする。

 

気持ちのオンとオフの切り替えと、「今していることに集中する」ことでリラクゼーション効果も高まります。

 

「今していることに集中する」ことが脳を疲れさせない最大のポイントとなるからです。

 

日々の体の疲れは湯船につかり、しっかり睡眠を取れば回復するものです。

 

しかし、ココロの疲れは溜まるのは早いけれども、解消されるのは時間がかかります。

 

なのでこまめにリラクゼーションしていきたいものですね。